周波数特性分析器を使ったスイッチング電源の安定性評価

 

受講料無料

 


スイッチング電源のループ利得特性を測定することで、その安定性を定量的に評価することが可能です。
周波数特性分析器は、広いダイナミックレンジや優れたノイズ除去特性により、ループ利得測定に使用されています。
本セミナーでは、周波数特性分析器FRA51615を用いて実際に測定するデモンストレーションを交えて、 測定方法をわかりやすく解説します。

 

日時

  2021年8月5日(木) 14:00 - 15:00(講演45分+質疑応答)

 

セミナー内容

・周波数特性分析器とは?

・周波数特性分析器を使用したスイッチング電源の評価方法

・よくあるご質問、測定のコツ

 

受講対象

・これから周波数特性分析器を用いたスイッチング電源の評価を行う予定の方

・スイッチング電源の評価手法に課題を抱えている方

・周波数特性分析器の導入を検討している方

 

周波数特性分析器
FRA51615
FRA51615

 

ご用意いただくもの

・閲覧端末(PC、タブレット、スマートフォンなど)

・インターネット回線、スピーカー、マイク

セミナーはウェブ会議システムZoomにて行います。

 

申込みから受講まで

アカウント作成や難しい手続きはありません。どなたでもご参加いただけます。

セミナーINDEXへ

 

セミナーお申し込みフォーム

アルファベット・数字以外はすべて全角で
入力してください。

「送信する」を押していただいたのちに、
Zoomの受講登録画面に遷移します。

 

プライバシーポリシーはこちら