信号発生器をつかいこなそう(シーケンス編)

~ 実験・評価試験の自動化や規格試験への活用 ~

 

受講料無料

 


 

シーケンス機能では波形や周波数、振幅などのパラメタをプログラムして順次出力が可能です。
本セミナーは、試験の自動化や規格試験用の出力作成などに応用できるよう、シーケンス機能の理解を深めていただくことを目的とします。

 

日時

2021年4月22日(木) 14:00 - 15:00(講演45分+質疑応答)

 

セミナー内容

・シーケンス機能とは
・シーケンス事例と設定方法
  電圧が階段状に増減
  電圧・周波数の±10%変動
  出力間隔を自在に変更できる2CHパルス
  電源規格試験 ISO 16750-2
・よくある質問

 

受講対象

・信号発生器の出力をプログラムしたい方
・信号発生器をもっと有効に使いたい方

 

WF1974
 

ご用意いただくもの

・閲覧端末(PC、タブレット、スマートフォンなど)
・インターネット回線、スピーカー、マイク

セミナーはウェブ会議システムZoomにて行います。

 

申込みから受講まで

アカウント作成や難しい手続きはありません。
どなたでもご参加可能です。

セミナーINDEXへ

 

セミナーお申し込みフォーム

アルファベット・数字以外はすべて全角で
入力してください。

「送信する」を押していただいたのちに、
Zoomの受講登録画面に遷移します。

 

プライバシーポリシーはこちら